麻雀のカンは、ドラによって高得点になる可能性があります。ただし諸刃の剣の一面があるのは注意です。

麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!
麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!

高得点の可能性を秘めている麻雀のカン

麻雀には、カンというものが有ります。4つ同じ牌を集めた時に他の3人のプレイヤーにそれをアピールする訳ですが、アンカンとミンカンがあります。カンは、やや使い方が難しい一面があります。しかし使い方次第では、かなりの攻撃力を発揮してくれる場合があるのです。

例えばアンカンをして、リーチをかけたとします。地域によっては、カンドラというルールが採用されている場合があります。この場合、まずドラが1種類増えます。そしてリーチをかけてアガった場合、カン裏をめくれます。つまり普段よりも、ドラが乗る確率が増える訳です。運良くドラが乗ればかなりの高得点になる訳ですね。この高得点が、カンのメリットです。しかしカンをすると、相手にドラが増えてしまう可能性もあります。このためカンドラは、諸刃の剣でもあるのです。ですので少々使い方が難しいと言えます。しかし4位の時などは、カンドラは積極的に狙っても良いと思います。かなり得点が沈んでいても、カンドラで一発逆転する可能性もあるからです。麻雀でイチかバチかの高得点を狙いたい時には、積極的にカンをするのも一法だと思います。

Copyright (C)2017麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!.All rights reserved.