麻雀は歴史のまだ浅いゲームなのです。その由来となった遊びとともに歴史に触れていきたいと思います。

麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!
麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!

歴史のまだ浅い麻雀の歴史

麻雀をやったことがある人は多いでしょう。大人の遊びとしても人気で、この遊びをする場所まで盛んです。そこで、もともと何から生まれた遊びなのでしょうか。始まりは19世紀の半ばに中国で成立しました。そして、20世紀に入ってから、世界的に有名になりました。実は、伝統ゲームの中では、最も歴史の浅い遊びなのです。ゲームというものは、いきなりできるものではなく、徐々に遊ばれる中でルール追加されたり、なくされたりしてできあがっていきます。ゲームとは、非常に移ろいやすいのです。

麻雀のルーツとなったものは、葉子戯と呼ばれるものです。中国で遊ばれていたカードゲームで、それが牌の遊びになりできたものです。しかも、それが誕生したのも1860年ころと言われており、歴史は非常に浅いのです。しかも、その文献も非常に少ないです。葉子戯はトランプゲームのようなものであったともされています。さらに、サイコロ遊びなども加わりできたのが麻雀だそうです。

Copyright (C)2017麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!.All rights reserved.