ルールが難しそうで手が出せない麻雀も基本さえ覚えれば、運の要素も強いため勝つことも可能なのです。

麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!
麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!

麻雀の基本のルールとは

麻雀は非常に人気な遊びです。やったことがある人は多いでしょう。逆にルールが難しくやりたくても手が出せないという人も多いのではないでしょうか。そこで、麻雀のやり方、ルールについて少し説明します。麻雀は運の要素も強いため、基本だけでも勝つことは可能なのです。

基本的には、誰が一番最初に完成した形に作ることができるかという遊びです。牌を一枚取り、一枚捨てるという作業を繰り返し、あがりの状態に持っていくのです。さらに、基本のあがり状態は、全14枚で完成しますが、3枚組で1つのグループを4つと全く同じ牌2枚の合計14枚が完成系です。3枚組1つのグループは、同じ種類の牌の数字が階段状に3つ並んでいる、もしくは全く同じ牌3つを揃えるとできます。種類は、3つマンズとピンズ、ソーズがあります。マンズは漢字でできた牌で、ピンズは丸の集まった牌、ソーズは竹のような形のものです。それぞれの牌には意味があると言われています。

Copyright (C)2017麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!.All rights reserved.