リーチは麻雀を楽しくしたと言われています。一発と裏ドラにより、高い得点が狙える事があるからです。

麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!
麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!

リーチによって麻雀が楽しくなった理由

昔の麻雀には、リーチという役はありませんでした。リーチではなく、ダマテンだったのです。ところがある時から、リーチという役が採用されました。そして、リーチのおかげでマージャンは面白くなったという意見は多いです。それには2つの理由があります。

まずリーチには、一発という役が複合する場合があります。リーチをかけて一巡しない内に、誰かが当たり牌を捨てたとします。その場合は、一発という1ハンの役が付くのです。この一発という役に魅力を感じている方は、意外と多いです。それともう1つが案外大事なのですが、裏ドラです。この裏ドラは、高得点の要素を秘めています。役なしのノミ手であっても、アンコにしている牌に裏ドラが乗るとマンガンになってしまうのです。しかも前述の一発と複合する事もあるので、場合によっては跳満になる事もあります。つまり一発と裏ドラという2つの役により、高得点が望める訳です。その点数に魅力を感じている方は、本当に多いと思います。ですのでリーチは、麻雀を楽しくしたという訳です。なおリーチという役は、中国の麻将にはありません。日本のマージャンのみで採用されている役になります。

Copyright (C)2017麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!.All rights reserved.