サラリーマンは仕事を覚える為に試行錯誤をします。それと同じく、麻雀で強くなる為には試行錯誤が大事です。

麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!
麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!

麻雀で強くなるには試行錯誤が大事

サラリーマンの方々が仕事内容を覚える為には、色々と試行錯誤をしているものです。様々なやり方を試してみて、一番効率が良いやり方を見つけていく訳です。この試行錯誤はサラリーマンのお仕事以外にとっても、大事だと思います。その1つは、麻雀です。

このゲームをある程度続けていると、必ず「もっと強くなりたい」と思う時がやってきます。初心者から中級者や上級者を目指すという訳です。ではどうすれば上級者になれるかと言うと、それが上記で申した試行錯誤なのです。例えばやり方Aによって、500試合プレイしたとします。この時にトップが取れる確率は、10%だとします。そしてやり方Bで500試合プレイした場合は、トップ率は20%だったとします。この場合、明らかにBの方が望ましい訳です。であれば、以後の打ち方はBに固定するべきですね。つまりBのようなやり方を発見する為に、色々と試行錯誤をする訳です。このゲームで強くなる為には、その試行錯誤の繰り返すべきだと思います。サラリーマンも仕事を覚える為に、それと同じ事を行っていますね。ある意味で麻雀というゲームは、サラリーマンのお仕事にも似た一面があるとも思います。

Copyright (C)2017麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!.All rights reserved.