麻雀は通常は4人で楽しむものですが、それより多くても見て、考えて楽しむことができるゲームです

麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!
麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!

麻雀は多くの人でするほど盛り上がる

麻雀は通常は4人でプレイをするゲームです。人によっては三人の方が面白いといったように思う人もいるようですが、通常は4人でプレイするのが普通です。ですが、麻雀はギャラリーというような人がいても面白いものです。ギャラリーは麻雀そのものはプレイしないで見ているだけですが、この見ているだけでも十分に麻雀を楽しむことができます。それほど麻雀は奥が深いゲームといったことがいえます。人がプレイをするのを見ていると面白いことが分かってきます。

麻雀ではよく人が捨て牌を悩むシーンなどがあります。これは、どの牌が不要なのかを考えているもので、その状況を周囲から見ていると、自分ならどうするかといったようなことを考えられます。そして、自分ならこうだなといったようなことを考えられるのが面白いところです。こういったギャラリーの存在は麻雀をより面白くさせてくれます。多くの場合ギャラリーは次のゲームではプレイをする方になりますので、自分が実際にプレイをした時を想像して楽しむことが出来るのです。

Copyright (C)2017麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!.All rights reserved.