麻雀は、早く大きな手をつくるゲームでしょう。比較的作りやすく大きな役に、ホンイツとチンイツがあります。

麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!
麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!

麻雀のホンイツとチンイツ

麻雀では、できるだけ大きな役を素早くつくるのがコツでしょう。そこで比較的作りやすく大きな手について紹介します。役にもいろいろありますが、色でまとめて覚えましょう。まずは、ホンイツです。ホンイツは、数牌のマンズ、ピンズ、ソーズのうちどれか一種類と字牌のみであがり手を作ることです。登場頻度も7位と比較的作りやすい手です。その上3ハンもあります。

続いて、ホンイツに似たチンイツです。数牌にはマンズ、ピンズ、ソーズと3種類ありますが、そのどれか1種類だけであがり手を作ることがチンイツです。チンイツの場合、待ちが多面待ちになる傾向が非常に強いです。しかし、なかなか作ることは難しいです。なんと、チンイツだけで6ハンもある大きな役です。登場頻度は全役の中で14位と言われています。以上2つの役は、色が同じになってくることから「染め」言われます。点数は多いけれど、手を相手に読まれやすいという弱点もあるのです。

Copyright (C)2017麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!.All rights reserved.