麻雀には狙いやすい役と狙いにくい役がありますので、状況に応じて役を目指すように心掛けてください。

麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!
麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!

麻雀には狙いやすい役と狙いにくい役の存在

麻雀には狙いやすい役と狙いにくい役がありますので、その点を熟知していただきたいです。狙いやすい役を多く目指す事によって、大きな点で上がる事ができます。しかし狙いにくい役は大きな点に繋がりやすいですので、目指す事によって一気に逆転できるケースも十分にあります。

一番いいのは状況に応じて目指す事です。最初の段階でかなり牌がよくて、いい感じの場合には、普段狙いにくい役を目指しても問題はありません。それによってもっと高得点を狙う事ができ、一気に勝率を上げる事ができるケースもあります。

しかしあまりにも欲張ってしまうと上がれるチャンスを逃してしまう事がありますので、この駆け引きはとても難しいです。状況によっては、駆け引きを誤ってしまい、そこから流れが変わってしまう事もよくあります。これは麻雀の良さでもありますので、悩みどころではありますがしっかりと判断するようにしてください。狙いやすい役と狙いにくい役が存在しており、それぞれのメリットが発生しています。

Copyright (C)2017麻雀は頭の体操〜是非子どももお年寄りも!.All rights reserved.